セラミック治療とは

セラミック治療とは、被せ物・詰め物を用いて歯を美しく整える治療法です。

セラミッククラウン

短期間に歯の色と歯並びを、美しく整える治療です。
治療時間:1時間30分 治療回数:2~3回

治療する歯が大きなむし歯で、むし歯の部分を取り除くと残りの歯の部分が弱く、ラミネートベニアを貼れない場合。また、古い差し歯を取り替える場合などに適しているのがセラミッククラウンです。これは、歯全体を一回り小さく削った上に、歯の形に作ったセラミックの冠(クラウン)をすっぽりかぶせる方法です。 本物の歯と同じような色合いや質感が出せるので、とても自然な仕上がりです。 内面を金属で作る方法と全てをセラミックで作る2つの方法があります。

セラミックインレー

セラミックインレーはピカッと目立つ金属のつめ物を、自然なセラミックのつめ物に替えます。
治療時間:40分~90分 治療回数:2回

奥歯の治療には、長年にわたり耐久性に優れ、しかも加工がしやすい金属が使われてきました。しかし近年、セラミックの強度も向上し、接着剤も開発されたので、セラミックが用いられるようになりました。 セラミックインレーは、歯を部分的に削り、セラミックを被せる方法です。 今までつめていた奥歯の金属を、セラミックインレーに替える方が増えています。